みつばちのおしろ

みつばちのおしろ

今西祐行・文 鈴木悦郎・絵

「ぎんのすず」第42巻1号4月号

1989年

ぎんのすず幼教出版株式会社

みつばちのおしろin

むかし、おしろにたいそうはなのすきなおひめさまがすんでいました。おしろのどのまどにも、ゆみとやりがのぞいていましたが、おひめさまのまどには、いつもはながさいていて、みつばちがみゅんみゅんうたっていました。

ところがあるひ、わるいけらいが、おひめさまをもりのおくのきこりごやにかくしてしまったのです。
おうさまもおきさきさまも、そしておしろのみつばちたちも、おひめさまを探して・・・

みつばちのおしろin

おひめさまの優しさと、みつばちたちの頼もしい活躍が、物語を見事に導いています。まるで、人々にずっと親しまれ、愛され続けた昔話のように、完成された物語。

子どもたちの大好きなおひめさまの物語を、モダンであかぬけた美しいイラストでたっぷりと。
華やかな気品のあふれる中にも、どこか親しみやすさを感じる雰囲気に、子どもたちのあこがれがつのります。

いつまでも、みつばちのみゅんみゅんとびまわる、花いっぱいのお城でありますように・・・。


★画家の鈴木悦郎先生の許可を得て画像を掲載しています。無断転載等はどうぞご遠慮くださいませ。

≫「ぎんのすず」コレクション4へ

鈴木悦郎先生の絵本たちのトップページへ
鈴木悦郎先生の絵本たちのトップページへ

HOMEへ
くどー★La★ちぇこさんの絵本日記HOMEへ

Copyright (c)2005-2006 kudolacieko All Rights Reserved