平成24年3月1日
みなさまこんにちは。
みんなが待ち望んでいた鈴木悦郎先生の本、『鈴木悦郎--詩と音楽の童画家』が、河出書房新社様より、ついに出版になりました!!
編者は野崎泉様です。
もう嬉しくって、嬉しくって、ばんざーい!です。




鈴木悦郎 詩と音楽の童画家


「永遠の優しさと愛らしさ。
なつかしさとあたらしさ。
伝説の少女雑誌、
『ひまわり』の挿し絵等で
知られる鈴木悦郎の世界を
一望する初めての一冊。」

                    ・・・表紙帯より。


その帯のある写真はこちら。帯の言葉は宇野亜喜良さん!

鈴木悦郎 詩と音楽の童画家


本当に、「初めての一冊」ですよね!
どの頁を見ても、先生のこれまで手掛けてこられた愛らしい作品たちが、カラーで白黒で、きらきら、宝石みたいにちりばめられているんです。
もちろん絵本『ぎんのすず』も。物語の挿し絵たち。それに可憐な御茶碗たち。コーヒーカップや灰皿。小粋なテキスタイルデザイン。お菓子やさんの包装紙。愛らしい文房具。おもちゃ。教科書。・・・。
今まで知らなかった作品たちが、いっぱい、いっぱいありました!

なんてなつかしく、そして新しいのでしょう。
清楚で可憐で、甘くてはかなくて・・・。
親しみやすい可愛らしさと気高い美しさの共存。
ころんとした独特のフォルムや、シックで華やかな色遣い。
先生の魔法の手にかかると、ただの落ち葉さえも、ロマンティックなアートになるのですね!

鈴木悦郎 詩と音楽の童画家 裏表紙


帯つきはこちら。「ようこそ、そしておかえりなさい」というコピーを使っていただきました。ファンとしてこんなに嬉しいことはありません。感激。

鈴木悦郎 詩と音楽の童画家 裏表紙帯


嬉しいことに、インタビューなどもたくさん載っていて、先生のこれまでの秘話や、ご家族との素敵な毎日のご様子などなど、今まで知らなかった先生の「人となり」にふれることかできました!

先生の温かなお人柄は、作品とともに多くのファンを魅了し続けていますが、この本を読んで、さらにその理由がわかった気がします。
本当に、心の宝物になる一冊。

そして≫あるぴいの銀花ギャラリー様より嬉しい嬉しいお知らせが!

悦郎先生のサイン入り『鈴木悦郎 詩と音楽の童画家』が、発売されている、とのことです!
あるぴいの様のブログは≫こちら
本の中には、あるぴいの村の記事もあります。
あるぴいの村は、本当に、落ち着いた雰囲気のお洒落なお店たちの集まり。それでいて親しみやすくて和やかで、何度行ってもまた遊びに行きたくなる、そんな場所です。大切なひととゆっくりと。みんなでわいわいと。
悦郎先生の作品たちがあちこちでお出迎えしてくれます。

≫あるぴいの銀花ギャラリー
さいたま市大宮区北袋町1-130
AM11:00〜PM18:00
※火曜定休


※サイン本には数に限りがありますので、お早めに!

▲上へ

鈴木悦郎先生の絵本たちのトップページへ
鈴木悦郎先生の絵本たちのトップページへ

HOMEへ
くどー★La★ちぇこさんの絵本日記HOMEへ

Copyright (c)2005-2012 kudolacieko All Rights Reserved